各専修課程紹介

日本・アジア文化専修課程

Japanese and Asian Studies


日本と東アジア(中国、韓国)の文化を広い視野からとらえる。

古くから日本はアジア諸国、とりわけ中国と韓国から強い影響を受けつつ、独自の文化をはぐくんできました。同じく漢字を文字として使用し、儒教を精神文化の一背景とするこれら三国は、多様な文化が交錯する東アジア地域にあって、歴史的にたいへん密接なつながりを持っています。
 今や日本と中国・韓国は、それぞれの文化の独自性を尊重しながら相互理解を深め、アジアの一員として国際社会に貢献していかなければなりません。そのためには日本と東アジアの文化をトータルにとらえる広い視野が必要です。それを可能にするために生まれたのが日本・アジア文化専修課程です。

教育の特色とカリキュラム

日本を含む東アジア諸国の相互理解の未来を見すえながら、それぞれの国の言語・思想・文学・芸術などの文化のあり方や、各国間の文化交流の歴史について学びます。そして地域間の友好的な関係をはぐくむのに必要な思考力や発信力を身につけていきます。「日本」を一味違った視点から見つめなおすために、日本の伝統的な文化や芸能についての研究・教育に取り組む外国籍の教員を複数配置していることも本専修における教育の特徴です。
 概説、基礎演習、研究法といった授業科目で研究の基礎を学び、特殊講義、演習などで確かな専門性を身につけ、各自のテーマに基づいて、研究の成果を卒業論文に結実させることが可能です。また、教室での授業以外にも、学外の研究施設や劇場やミュージアムを訪れて、実際の資料や上演に触れたり、研究指導・ディスカッションの機会を設けたりと、さまざまな試みを行っています。

専攻紹介

当たり前のものと思われがちな「日本」とは何かを問い直す

 「日本」も「文化」も、決して自明のものではありません。現在の私たちが、ごく自然に「日本」的だと考える文化の多くは、東アジア諸国をはじめとする諸外国の文化に、もしくはそうした国民国家のフレームでは区切れない文化圏のネットワークの中に、その起源を持っています。また、一口に「文化」といっても、言語、思想、文学、芸術、風俗、宗教、社会的な規範など、さまざまな側面があります。
 本専攻においては、このように多様な「日本文化」を探求するために、「言語」「文学」「芸術」という三つの分野のそれぞれを学び、さらにこれらを一体的にとらえるための教育を行っています。さらに他の学問領域、特に同じ専修課程に属する東アジア文化専攻とは、問題意識やカリキュラムにおいて密接なかかわりを保っています。

■ 2020年度に開講中の授業・演習ピックアップ

Contemporary Art and Media in Australia and Asia ◎ ザラ・パップ ジリア 准教授

Take a look at Modern and Contemporary Art and Media in the Asia-Pacific region.
In this class we take a look at modern and contemporary art and media in the Asia-Pacific region, with a focus on Australia, Asia, and Japan. We learn about how Western Art influenced the development of Asian art, including Japan, and how in turn Japanese art influenced the development of Western Art, focusing on the phenomenon of Japonisme (Japonism). We also take a look at how diverse visual cultures in the region developed. Via a comparative approach, we will carry out case studies of contemporary art and design projects in Australia, analyzing art and design interactions between Australia and Japan. The classes are aided by collaboration with professors at Australian universities. We also include field trips and guest lectures so students can interact with international researchers facilitating cultural relations between Japan and other countries of the region. This class is recommended for students who wish to study abroad in the future and build links with Saitama University exchange partner universities, including Griffith University, Monash University, The University of Technology, Sydney (UTS), etc.

その他の開講中の授業・演習ピックアップ

日本語学概説A

川野靖子

音声音韻、語彙、文法、文字表記などの観点から、日本語がどのような仕組みを持った言語なのかを学びます。

日本近現代文学特殊講義Ⅰ・Ⅱ

杉浦 晋

明治時代から昭和時代までの代表的な詩人達の作品を、発表された順に、講義と討議によって精読しています。

日本語教育学演習Ⅰ~Ⅵ

劉 志偉

教案作りの基本を学びながら、模擬授業を通して教室活動、教具と空間等の使い方について勉強します。

日本近世文学演習Ⅰ~Ⅵ

ビュールク トーヴェ

江戸時代の代表的な作品の元になっている古典作品を探しながら、その作風と意義について考察します。

東アジアとの豊かな関係を作るために

 日本の隣国である中国と韓国 ── 過去においても私たちと最も盛んに交流してきた両国との関係は、これからも重要なものであり続けるでしょう。古代日本のグローバル化が両国とともに進められたように、これからのグローバル化においても、両国との関係は無視できないのです。これらの国の文化を学ぶことは、他者としての隣国と向き合い、これらの国の人々と協力・協働するための第一歩です。同時にその学びは、「自国」をより豊かに理解することにもつながります。
 そのためにまず、隣人たちの言語、文化、歴史、思想を知るところから始めます。中国や韓国の過去と現在を学びながら、東アジアと日本の未来を描いてみませんか。
 草の根からの相互理解を深めてゆくために、本専攻では、両国の言語、文化、歴史、思想をしっかりと学んでいきます。

■ 2020年度に開講中の授業・演習ピックアップ

中国近現代文化演習 ◎ 牧 陽一 教授

中国現代社会の抱える問題について報告討論し、東アジア広域からより客観的な考察を進める。
 中米の貿易摩擦はあるものの、東南アジア、アフリカへの進出など中国は年々経済発展を遂げている。しかし庶民に対するその代償は大きい。まず生活者としての視点から、独裁政権の持つ問題点を析出する。人権問題を基本に、土地問題、格差問題、報道問題、司法の独立、教育問題、環境問題、個人崇拝と民主化について報告し、討論する。当然台湾の状況や香港の動きも作用する。また受講生メンバーの日本や韓国ほかの状況とも無関係ではない。随時比較検討しながら討論を進める。テキストはSNSが比較的に自由で議論が確保されていた2000年代初頭の報道によるもので、ここに2020年の現状を重ねていく。報告者は関心のあるテーマを選択し、内容をまとめ、新たな情報をプラスしながら、討論のたたき台を用意する。東アジアの広域からより客観的で普遍的な議論と考察を進めていきたい。

その他の開講中の授業・演習ピックアップ

中国近現代文化概説

牧 陽一

歴史、文学、映画、美術の各分野、さらに台湾、香港、マカオの現状について、毎回映像を観ながら解説します。

中国近現代文化論

牧 陽一

画像を中心に毛沢東様式に対峙するここ半世紀の現代アートを、前衛性、社会性を中心に考察していきます。

韓国文化研究法

権 純哲

古代の言語事情、訓民正音制定、朝鮮語学会事件、ハングル専用論などのテーマ学習を通して課題発見に努めます。

韓国文化演習Ⅰ~Ⅵ

権 純哲

最近の韓国関連論文に対する批判的読みを試み、韓国理解を深めるとともに研究・発表能力を養います。

logo02

Copyright © 2020 Saitama University, All rights reserved.