入学希望の方

卒業生からのメッセージ

Message from Almni


一般企業へ就職

様々な分野の「学び方」を学ぶことで、
「生きる術」を身につける。

株式会社水声社 勤務

関根 慶さん/せきね・けい

哲学歴史専修課程 芸術論専攻 2016年卒業
埼玉大学大学院 人文社会科学研究科文化環境専攻 2018年卒業
埼玉県 埼玉県立熊谷高等学校出身

私はもともと教育学部に入学しましたが、1年生の時に他学部向けの教養学部の授業を受けて、ぜひ教養学部で芸術論を学びたいと思い、転学部の制度を利用して教養学部に転入しました。表象の倫理性に関心があり、卒業論文では、現代美術において他者の苦痛を表象することの問題を論じました。
 教養学部では、幅広い分野の専門的な授業を受けることができます。自分の専門分野に限らず、様々な分野について、その「学び方」を学ぶことができることが、教養学部の大きな魅力だと思います。
 大学院修了後の現在は、美術系の学術書を担当する編集者として出版社に勤務しています。仕事の上でも、自分の専門分野に詳しいだけではなく、様々な分野の物事に関心を持っていること、その「学び方」を知っていることの大切さを日々、感じています。
 幅広い分野における「学び方」を身につけることは、「ポスト・トゥルース」といわれるこれからの時代を生き抜くための「生きる術」となるのではないでしょうか。

MESSAGE
 少しでも興味があれば、できるだけ幅広い分野の授業に顔を出してみることをおすすめします。様々な知の最先端に触れることができる教養学部の環境は、本当に貴重です。

地方自治体へ就職

刺激的な様々な学問の授業を履修、
大学院を経て好きなことを仕事に。

川越市役所(川越市教育委員会教育総務部文化財保護課) 勤務

髙木麻里帆さん/たかぎ・まりほ

哲学歴史専修課程 歴史学専攻 2016年卒業
埼玉大学大学院 人文社会科学研究科文化環境専攻 2018年卒業
静岡県 浜松市立高等学校出身

私は幼い頃から遺跡や博物館が好きだったため、大学では考古学や歴史学を学びたいと思い教養学部を選びました。初めて触れる研究の世界は想像以上に刺激的で、その魅力に惹かれ、考古学だけでなく様々な学問の授業を履修しました。一つの分野に限らず、幅広く学べることが、教養学部の強みだと思います。卒業論文では縄文時代の墓制をテーマに研究しました。関連する論文や本を読んだり、資料を集めたりすることは大変でしたが、提出した時は達成感でいっぱいでした。
 卒業後は大学院へ進学し、現在は川越市役所の学芸員として勤務しています。主な業務は遺跡の発掘調査や史跡整備です。好きなことを仕事にできたのは、大学時代に学びをサポートしてくださった先生方や共に頑張った友人たちのおかげです。今後も自らの専門性を極めていきたいと思います。

MESSAGE
 不安定な世の中ですが、明るい気持ちで前向きに、学生生活を過ごしてほしいです。研究はとても面白いですよ。応援しています!

官公庁へ就職

広く深い専門知識を学べることが、
教養学部の一番の強みです。

出入国在留管理庁札幌出入国在留管理局 勤務

下山凌平さん/しもやま・りょうへい

ヨーロッパ文化アメリカ研究専修課程 ヨーロッパ文化専攻 2017年卒業
北海道 札幌西高等学校出身

私が在学中に力を入れていたのは語学で、主専攻で開講していたロシア語とドイツ語の講義に加え、他専攻の日本語学の講義も受講しました。教養学部の強みは、このように様々な分野について学べる環境があることです。私生活では、埼玉大学が加盟しているキャンパスメンバーズの制度を利用して、都内の美術館や映画アーカイブをよく鑑賞しに行きました。学生生活の間にできた美術館巡りや映画鑑賞の趣味は、今の私の生活を豊かにしています。
 卒業後は専門のロシア文学を更に深く研究するために北海道大学大学院へ進学し、外国語を活用する仕事に就きたいと考えた末、現在は出入国在留管理庁の職員として働いています。将来的に在外公館で勤務することを目指して日々の業務に励んでいます。

MESSAGE
 私は大学生活を通じて何に自分の興味関心があるか気づきました。教養学部はそれぞれの好奇心を伸ばしてくれる場所だと思います。

大学院へ進学

国際性と多様性を重視している学部で、
専攻以外にも幅広く様々なことが学べます。

埼玉大学大学院 人文社会科学研究科 在学中

張 舒婷さん/ちょう・じょてい

グローバル・ガバナンス専修課程 国際開発論専攻 2019年卒業
中国出身

教養学部は、国際性と多様性を非常に重視している学部だと思います。自分の興味を合わせて、専攻以外にも幅広く様々なことが学べます。学部時代には開発経済学と国際貿易を中心に勉強しており、社会学やフランス文学、心理学など、様々な授業を選択し、多様な文化を触れました。多くの授業では国際的に通用する教科書と英語文献を使っているため、語学力を上げるとともに、専門知識を習得することができます。
 また、英語だけではなく、教養学部では、興味があれば複数の外国語を学ぶ履修制度があります。語学学習が大好きなので、学部生の時、一年間フランス語と韓国語の授業を履修しました。時間的余裕がなくて、続けられませんでしたが、いろんな国の学生同士と交流できたことは、人生の貴重な経験だと思います。
 そして、大学院に入ると、特に演習の授業では、自分で研究テーマを絞って、集中的に思考を深められて、先生と意見を交換して、自主的に学ぶことができ、高い専門性を身に付けることができます。埼玉大学で留学した経験はこれからの成長にもつながると信じています。

MESSAGE
 楽しく実りの多い大学生活が皆さんを待っています。夢に向かって、進んでいってください。応援しています!

logo02

Copyright © 2021 Saitama University, All rights reserved.