日本・アジア文化専修課程

この専修で学ぶこと

この専修で学ぶこと

古くから日本はアジア諸国、とりわけ中国と韓国から強い影響を受けつつ、独自の文化をはぐくんできました。同じく漢字を文字として使用し、儒教を精神文化の一背景とするこれら三国は、多様な文化が交錯する東アジア地域にあって、歴史的にたいへん密接なつながりを持っています。今や日本と中国・韓国は、それぞれの文化の独自性を尊重しながら相互理解を深め、アジアの一員として国際社会に貢献していかなければなりません。そのためには日本と東アジアの文化をトータルにとらえる広い視野が必要です。それを可能にするために生まれたのが日本・アジア文化専修課程です。

教育の特色とカリキュラム

教育の特色
日本を含む東アジア諸国の相互理解の未来を見すえながら、それぞれの国の言語・思想・文学・芸術などの文化のあり方や、各国間の文化交流の歴史について学びます。そして地域間の友好的な関係をはぐくむのに必要な思考力や発信力を身につけていきます。「日本」を一味違った視点から見つめなおすために、日本の伝統的な文化や芸能についての研究・教育に取り組む外国籍の教員を複数配置していることもこの専修における教育の特徴です。
カリキュラム
概説、基礎演習、研究法といった授業科目で研究の基礎を学び、特殊講義、演習などで確かな専門性を身につけ、各自のテーマに基づいて、研究の成果を卒業論文に結実させることが可能です。また、教室での授業以外にも、学外の研究施設や劇場やミュージアムを訪れて、実際の資料や上演に触れたり、研究指導・ディスカッションの機会を設けたりと、さまざまな試みを行っています。

[専攻紹介] 日本文化専攻

当たり前のものと思われがちな「日本」とは何かを問い直す

日本文化専攻

「日本」も「文化」も、決して自明のものではありません。現在の私たちが、ごく自然に「日本」的だと考える文化の多くは、東アジア諸国をはじめとする諸外国の文化に、もしくはそうした国民国家のフレームでは区切れない文化圏のネットワークの中に、その起源を持っています。また、一口に「文化」といっても、言語、思想、文学、芸術、風俗、宗教、社会的な規範など、さまざまな側面があります。日本文化専攻においては、このように多様な「日本文化」を探求するために、「言語」「文学」「芸術」という三つの分野のそれぞれを学び、さらにこれらを一体的にとらえるための教育を行っています。さらに他の学問領域、特に同じ専修課程に属する東アジア文化専攻とは、問題意識やカリキュラムにおいて密接なかかわりを保っています。

専任教員 (名前をクリックすると研究者総覧にジャンプします)

主な授業科目

  • 日本語学概説
  • 研究法 (日本語学、日本古典、日本近現代文学)
  • 日本語の歴史
  • 日本古典文学史
  • The Traditional Performing Arts in Japan
  • 特殊講義 (日本語学、日本古典、日本近現代文学、Animation Studies)
  • 演習 (日本語学、日本古典、日本近現代文学)

[専攻紹介] 東アジア文化専攻

東アジアとの豊かな関係を作るために

東アジア文化専攻

日本の隣国である中国と韓国 ― 過去においても私たちと最も盛んに交流してきた両国との関係は、これからも重要なものであり続けるでしょう。古代日本のグローバル化が両国とともに進められたように、これからのグローバル化においても、両国との関係は無視できないのです。これらの国の文化を学ぶことは、他者としての隣国と向き合い、これらの国の人々と協力・協働するための第一歩です。同時にその学びは、「自国」をより豊かに理解することにもつながります。

東アジアにアクセス

そのためにもまず、隣人たちの言語、文化、歴史、思想を知るところから始めましょう。自由な旅行者のように、そして一つ一つ自分の足で確かめながら歩む探検家のように、中国や韓国の過去と現在を学びながら、東アジアと日本の未来を描いてみませんか。両国との関係については、不幸なニュースが伝えられることもしばしばですが、そこから目を背けることなく、草の根からの相互理解を深めてゆくために、本専攻では、両国の言語、文化、歴史、思想をしっかりと学んでいきます。

専任教員 (名前をクリックすると研究者総覧にジャンプします)

主な授業科目

  • 中国近現代文化概説
  • 韓国思想文化概説
  • 中国古典特殊講義
  • 韓国文化特殊講義
  • 中国近現代文化演習

埼玉大学教養学部 TOP

TOP