入学時点での英語力(TOEIC平均スコア)は570前後

 今年も教養学部1年生の専修・専攻の希望が出て、4月からの所属が決まりました。今年度(2011年度)入学した学生のうち、グローバル・ガバナンス専修へ進むことを希望したものは33人(国際関係専攻:18人、国際開発専攻:15人)です。これらの学生の入学時点でのTOEICスコアは下の表のように平均560、また600以上の学生が30.3%でした。昨年度(2010年度入学の学生)は、入学時点での平均が576でしたから、グローバル・ガバナンス専修に来る学生のTOEIC平均スコアは、入学時点で570前後です。かつての国際関係論や国際開発論を専攻する学生の入学時点でのTOEIC平均スコアは480前後だったので、最近、急速に上昇していることが分かります。グラフに示されているように、ここ3年ほどで教養学部全体の平均スコアも大きく伸びていますが、グローバル・ガバナンス専修の学生のスコアの伸びは、それを上回っています。 

 

専修・専攻別のTOEIC推移4-3.jpgのサムネール画像
 入学後のスコア変化を見ても、2010年度入学の学生の場合、入学1年後には平均スコアが598となり、600以上の学生が46.4%、700以上の学生も25%になるなど、大きく上昇しています。英語で行う授業や英語教材の多いグローバル・ガバナンス専修の専門授業を本格的に受けるのは2年次生以上なので、卒業時までには更なる英語力の向上が期待できるでしょう。

 

図表(2010-11 TOEICスコア 入学時、1年次終了時変化)2.jpgのサムネール画像
 

 

 

 

 

 

専攻別TOEIC3.jpgのサムネール画像

埼玉大学教養学部

〒338-8570 
埼玉県さいたま市桜区下大久保 255 

©Copyright Saitama University, All Rights Reserved.