3年次編入学試験案内

MENU

今まで何らかの学問分野で専門教育を受けてきた方、一定の学問を修めたあと社会で経験を積んできた方に、それまでの勉学を深めたり、新たな勉学を始めたりする機会を提供するため、教養学部では3年次編入試験を実施しています。この編入学試験には、一般入試のほか、社会人入試と私費外国人留学生入試があります。
以下、3年次編入学試験の概要をご説明しますが、詳細については必ず毎年発行される「3年次編入学学生募集要項」をよくお読みください(以下、「学生募集要項」と表記します)。

「学生募集要項」の入手方法

窓口で冊子版を入手する
全学教育棟1号館1階にある「教養学部係」までお越しください。配布時間は平日の9時から16時30分までです(8月中旬および年末年始の休業日を除く)。
郵送で冊子版を入手する
必ず返信用封筒(角形2号)を用意し、ご自分の住所と氏名を記入して、切手(250円分)を貼ってください。次にそれを別の封筒に入れ、下記の住所・宛名までお送りください。その際、封筒の表面に必ず「3年次編入学学生募集要項請求」と赤い字でお書きください。
〒338-8570 さいたま市桜区下大久保255 埼玉大学教養学部係
PDF版をダウンロードして入手する
下のダウンロードボタンをご利用ください。出願に必要な部分は、白色無地のA4用紙に印刷してください。
なお現在下のボタンからは、参考までに前年度の募集要項をダウンロードしていただくことができますが、出願にあたっては必ず最新の募集要項をご利用ください。

出願期間と入試日

出願期間は毎年10月(2週間程度)です。出願は郵送のみで受けつけます。
入学試験は、11月の中旬から下旬にかけての土曜日と日曜日に行われます。
一般入試と私費外国人入試の場合は、1日目が筆記試験で、それに合格すると2日目の面接試験に進みます。
社会人入試の場合は面接試験のみです(出願時にこれまでの学習歴を記したレポートを提出していただきます)。
※具体的な日程については、トップページのニュース欄及び「学生募集要項」でご確認ください。

特にご注意いただきたいこと

出願資格は細かく定められています。
「学生募集要項」の「4.出願資格」をよく読んで、ご自分がどの資格で受験するか、しっかり確認してください。
自分がどの専修・専攻で学ぼうと思うか、しっかり検討したうえで出願してください。
それぞれの専修・専攻で何が学べるかについては、本ホームページ、「教養学部案内」、シラバス(WEBで見ることができます)などを参照してください。
出願に必要な書類をそろえる際、また必要な事項を記入する際には、「学生募集要項」の「6.出願手続き」及び所定の用紙の注意書きをよく読んでください。
「学生募集要項」を冊子版で入手した場合と、PDF版で入手した場合とで、検定料の払い込み方法が異なります。
  • 冊子版の場合 : 冊子についている「振込依頼書」を利用した銀行振り込み、またはコンビニエンスストアからの払い込みを利用可能です。
  • PDF版の場合 : コンビニエンスストアからの払い込みのみになります。
コンビニエンスストアからの払い込みを利用する際には、「コンビニエンスストアでの入学検定料払込方法(PDF)」をよく読んでください。

問い合わせ先

不明の点があれば、埼玉大学教養学部係までお問い合わせください。
電話 : 048-858-3044 (平日の9時から16時30分まで受けつけています)

3年次編入学試験についてのQ&A

編入学試験のための説明会は行っていないのでしょうか?
編入学試験のためだけの大学説明会は設定しておりません。夏に行われるオープンキャンパスにおける学部相談会で、編入試験についても説明をさせて頂く予定です。
2年次編入もありますか?
2年次編入は実施しておりません。3年次編入だけです。
3年次編入学をして教員免許を取得することができますか?
3年次編入学後、必要な単位を修得すれば、教養学部で取得可能な次の免許状を取得することができます。
中学校教諭1種普通免許状(国語・社会・英語)
高等学校教諭1種普通免許状(国語・地理歴史・公民・英語)
ただしいくつかの注意点がありますので、「学生募集要項」の「15.教育職員免許取得希望者への注意」を必ずお読みください。
短大を出て3年次編入試験を受験することを考えています。編入学後、短大で取った単位は埼玉大学で認定されるでしょうか?
はい、大まかにいえば、編入した時点で埼玉大学の卒業に必要な数の単位の約半分を認定する(既に単位を修得したものとみなす)ことになります。以前の教育機関で修得した単位を埼玉大学での単位に読み替える作業(単位認定)は、編入学した後に正式な書類を出して頂いてから、審査の上、行います。したがって個々の編入学希望者に対して事前に何単位を認定するとは申し上げられません。

しかし実績で申せば、これまでほとんどの編入生に対して、編入した時点で、教養学部を卒業するのに必要な単位(124単位)のうちの半分程度を認定しています。ただし、認定する単位数は以前の教育機関でどのような単位を修得してきたかによって異なることがあります。

なお、4年制大学に3年以上在籍し、在籍期間に見合った単位を修得している編入生には、それ以外の編入生よりやや多い単位が認定されることもあります。

専修学校を出て3年次編入試験を受験することを考えています。編入学後、専修学校で取った単位は埼玉大学で認定されるでしょうか?
基本原則は上記の短大卒(見込みを含む)の場合と同じです。個別の編入学者への単位認定は編入学した後に行いますが、大まかには、編入した時点で埼玉大学の卒業に必要な数の単位の約半分を修得したと認定することになります。
専修学校卒業者(見込みを含む)の受験資格については、「学生募集要項」の「2.出願資格」のうち「一般入試」の⑦をご確認ください。
一般の学生は2年次から専修課程と専攻を決めると聞いています。編入学生は3年次から専修課程と専攻に入りますが、1年遅れることで、ついていけないということはないでしょうか?
入学後の努力は必要ですが、これまでの実績から見ると、特に問題はないと思います。また、事前に希望する専修課程の勉強をある程度進めておけば、入学後の適応も早くなると思います。
編入学試験の過去問題は閲覧できますか?
埼玉大学教養学部係(全学教育棟1号館1階)で閲覧できます。また、身分証明書など(学生証など)を一時お預かりする形で、コピーのために貸し出すこともいたします。販売や郵送などは行っておりませんので、悪しからずご了承ください。閲覧時間は、休業期間を除く平日の9時から16時30分までです。なお、夏のオープンキャンパスの際には、過去問題の閲覧コーナーを設置しています。
過去の編入学の実績はどこで知ることができますか?
「学生募集要項」に掲載しています。専修課程ごとに、「一般」、「社会人」、「留学生」の志願者数と合格者数を記載しています(過去2年分)。
編入生でも日本語教育プログラムを修了することはできるでしょうか?
編入生でも頑張れば修了することができます。どの専修課程でも不可能ではありませんが、日本・アジア文化専修に所属していると修了が比較的容易になります。プログラムを修了するのに必要な関連科目の多くが、専修課程を卒業するのに必要な単位と重なるためです。

: 日本語教員を志望する人たち、日本語教育に関心を持つ人たちのために、日本語教育プログラムが設けられています。このプログラムの内容は、文化庁の「日本語教員養成において必要とされる教育内容」や日本国際教育支援協会の「日本語教育能力検定試験」の出題範囲などに準拠しており、日本語教育に必要な基礎知識が得られるようになっています。プログラムを修了するためには、教養学部が指定した授業科目を履修し、26単位以上を修得する必要があります。必要な単位を修得した学生には「日本語教育プログラム修了証」が発行されます。

埼玉大学教養学部 TOP

TOP