学部長メッセージ

学部長からのメッセージ

教養学部長 市橋 秀夫

こんな時代だからこそ、
大学でしか出会えない学びの術を身につける

大学で何を学ぶのか、どのように4年間を過ごすのか、すでに決めている人も、まだまだ迷っている人もいるでしょう。そのいずれであっても、入学後の大学生活は、みなさんにとって人生最大の岐路ともなる、長いようで短い4年間であることに変わりありません。

大学卒業後、みなさんはなんらかのかたちで「社会に出て行く」。それは、いろいろな意味で、独り立ちを求められるということです。そのための準備を、けっして長くはない大学在学中にしておかなくてはならない。

埼玉大学教養学部で学ぶ「教養」とは、Liberal Arts =自由学芸と呼ばれる、人文社会科学のコアとなる部分です。それは、社会や文化について、また世界と人間について、批判的に探求し学び 続ける術であり、大学という高等教育の場においてしか学べないものです。ものごとがめまぐるしく変動するグローバル化の時代にあってもけっして古びることのない、人間が人間として生きていくための術でもあります。

人文社会科学の多様な学問分野を幅広く、またそれぞれを深く学ぶことができるのが教養学部の大きな魅力ですが、いずれの専門を学んでも、「探し収集する」「分析する」「整理し伝える」能力とスキルが身につくカリキュラムを用意し、深い研究指導を おこなっています。

古代ギリシャに端を発し、現在もグローバル・スタンダートとされるリベラル・アーツ教育の醍醐味を、ぜひともみなさんと分かち合いたいと願っています。

教養学部長 市橋 秀夫

埼玉大学教養学部 TOP

TOP